医薬、医療、ヘルスケア、医療機器業界支援のリーディングカンパニー

株式会社EPファーマライン メディカルコミュニケーター 採用サイト

応募する

MENU

REWARDINGやりがい

社員が語る仕事のやりがい

医師、調剤薬局・病院の薬剤師、MRなどの医療従事者の方々に最新の医薬品情報を提供します。
最新の知識を学びながら、問い合わせいただいた医療従事者の方々に頼りにされたり、
感謝の言葉をいただける喜びを感じることができる。
メディカルコミュニケーターは、そんなやりがいに溢れた仕事です。

メディカルコミュニケーター

加藤 翔太(薬剤師) / 竹内 千晶(薬剤師)

最新の医薬品情報をいち早く入手し提供する
医療現場に貢献しているという手応えがあります。

医師や薬剤師の先生方から感謝の言葉を
いただけることがこの仕事のやりがい。

【加藤】 先方のニーズに的確に答えられた時、医師や薬剤師の先生方、MRの方に「ありがとうございました」と言われることが、この仕事のやりがいです。必ずしもお問合せに100%正解の回答ができるわけではありませんが、なるべく100%に近い答えを出せるように努力して、その気持ちが伝わった時に「今後ともよろしくお願いします」と言葉をかけていただくと本当に嬉しいです。

【竹内】 電話の音声だけで回答を伝える仕事なので、いかに伝わりやすくするかを自分なりに工夫して意識して取り組んでいるので「よく分かった、ありがとう。」と言ってくださった時にはやりがいを感じます。
また、時には文献などを調べて資料をお送りすることもあり、医師から「資料、届きました。これで検討します。」というサンキューコールをいただくことがあります。普段、電話でのやり取りだけなので、臨床から離れている感じがしますが、そんな時は患者さまの治療に役立ったと感じられて嬉しいですね。

幅広い業務領域で活躍できる可能性と
医療現場に貢献しているという実感があります

【加藤】 新薬では、高い専門性が求められます。例えば、新しい抗がん剤などは、スケジュールが決まっていて、夜にお問い合わせいただき「明日の朝一番に投与する」といったケースもあります。そんな時に、臨床試験レベルの少ない情報の中から、「このような方法があります」としっかり即答できた時には医療現場に貢献しているという手応えを感じます。

【竹内】 EPファーマラインは、業務の幅が広くDI業務やコントラクトMR、治験、契約書や資材作成など、薬の初めの段階から最後までフォローするサービスを行っているので、何かしらやりたい業務が、当社でなら見つけられると思います。
チームのメンバーも看護師や薬剤師など、プロのコミュニケーター集団であり、そんな中で働けることも大きな魅力です。

薬の最新情報にいち早く触れて
自分の頭で考えて仕事ができる。

【加藤】 最新の薬が市場に出回る前に、製薬メーカーの研修を受けて、現場の先生方よりも早く情報を仕入れて、的確にその情報を伝えられるように勉強するのも、この仕事の面白さです。調剤薬局では忙しすぎて、仕事が作業的になっていましたが、今は自分の頭で考えて仕事ができていることに、すごく満足しています。

【竹内】 薬剤師としては薬の最先端情報に触れることができ、新薬や学会、ガイドラインの情報がいち早く入ってくるので、とても興味深いですね。また、調剤薬局では、その地域の病院の処方ばかりを手掛けるのですが、当社では全国からのお問合せを受けています。ある薬に対して、こんな使い方をしたいという先生がいるんだといった発見も仕事の面白さです。