医薬、医療、ヘルスケア、医療機器業界支援のリーディングカンパニー

株式会社EPファーマライン メディカルコミュニケーター 採用サイト

応募する

MENU

WORK STYLEワークスタイル

メディカルコミュニケーターになって
私たちのワークスタイルは大きく変わりました。

勤務地は東京・大阪などの大都市のビジネス街
しかも、毎日定時に終わるデスクワーク
さらに、住居探しや引越し代の支援制度もある。
仕事は最新の薬品知識を提供して
医療従事者や患者様をサポートするというやりがいを感じることができる。
オンとオフ、両方が充実するメディカルコミュニケーターになって
あなたのワークスタイルを大きく変えてみませんか。

メディカルコミュニケーターたちの 笑顔の秘密をお教えします。

医療関連職からメディカルコミュニケーターとなったスタッフに
現在のワークスタイルを語っていただきました。

メディカルコミュニケーターに転職されたきっかけをお聞かせください。

一番の魅力は、終業時間が決まっていることでした。

前職では5年間、医療機器の営業をしていました。その間に結婚をしたのですが、同じ職場で、長時間労働が当たり前の外回りの営業を続けました。しかし、この先の出産・育児を考えると、この仕事を長く続けることは難しいと思い転職することにしました。
EPファーマラインという会社やメディカルコミュニケーターの仕事は、転職活動を通じて初めて知りました。営業をしていた時に、数字を追いかけることや社内の根回しが苦手で自分には向いていないと考えていましたが、面談相手である臨床検査技師への営業活動にはやりがいを感じていました。私自身は医療従事者ではなく、医療や薬に関する知識はありませんでしたが、メディカルコミュニケーターは、これまで培ってきたコミュニケーション力を活かせる仕事だと思い応募しました。
そして、一番の魅力は終業時間が決まっていることでした。お問合せの受付時間が決まっているので、残業が発生しないことは理解できました。ここでならメリハリのついた仕事と生活とのワークライフバランスがうまく取れるのではないかと考えたのです。

メディカルコミュニケーター 牛島 美佳
メディカルコミュニケーター 風見 友加里
医療現場で重要な薬の適正使用の情報提供に関われる

製薬会社でMRを3年していましたが、苦手な車の運転での外回りと朝の出勤時間、夜の退社時間が不安定で転職を決めました。製薬会社にくすり相談室があることは知っていましたが、それを業務委託している会社があり、メディカルコミュニケーターという仕事があることは、転職活動を通じて知りました。高校時代から病気を治す医療の仕事に就くことが私の目標でした。もともとは看護師を志望していましたが、もっと視野をひろげたいと考え大学は、生物系の学部を選択しました。卒業後は薬をプロモーションするMRの仕事を経験したことで、薬の適正使用の情報を伝える重要性を感じていましたので、医療現場で求められている情報を提供できるメディカルコミュニケーターに魅力を感じたのが転職の理由です。

学生時代から学術職を志望していました

もともと学生時代から、学術職として働きたいと考えていましたが、新卒の時に学卒の募集はありませんでした。そこで、まずは現場での経験を積もうと、ドラッグストア兼調剤薬局に就職しました。最初から3年間働いて、そこから学術職にキャリアチェンジするというビジョンを持っていましたので、3年働いた後、EPファーマラインの求人募集に挑戦し、メディカルコミュニケーターとして働くことになりました。

メディカルコミュニケーター 加藤 翔太
メディカルコミュニケーター 竹内 千晶
薬剤師の資格が活かせるデスクワークを探していました

新卒で入社したのは、ドラッグストアの調剤薬局。調剤の専門部隊にいましたが、終電まで残業することも多く、自分の時間を取ることができませんでした。そこで、薬剤師の資格を活かせるデスクワーク職を探していて、DI業務を知ったのです。「クスリ相談室」の存在は知っていましたが、ほとんど関わりがなく、どういった業務をしているのかも転職活動するまでは知りませんでした。DI業務を知ってからは、それに絞って活動しましたが、最初に出てくるのは決まってEPファーマラインで、調べてるとDIサービスのリーディング企業で、医薬・医療業界に対して総合アウトソーシングサービスを提供している先進的な企業であることが分かり、入社を決めました。

メディカルコミュニケーターとして都心で働くようになって、
プライベートやライフスタイルはどう変わりましたか?

漢字の勉強と筆ペンの練習、週末には大好きな家族のもとへ

今は、早く帰れるので夕食を作れるようになりました。それでも時間を持て余し気味なので(笑)、最近、漢字の勉強を始めました。パソコンを使っているので、漢字を実際に書いたり、読んだりすることに不安を覚えてきたのがきっかけです。また、友人の結婚式が増えてきて・・・、受付で名前を書く機会が増えたので、筆ペンの練習にも取り組んでいます。
私は家族が大好きで、月1~2回週末には実家に帰って、家族とご飯を食べて、近況を話したり、のんびり過ごしてリフレッシュしています。
受付時間が来ると、電話がかからないので、残業はありません。帰宅する時間も一定です。長く仕事を続けていくためには、出社や帰宅の時間が不安定なことがネックになると考えていたのですが、本当に働く時間の安定は重要だと感じています。

メディカルコミュニケーター 風見 友加里
メディカルコミュニケーター 牛島 美佳
日曜日にフィギアスケートを習い始めました。

前職では帰宅するのは、早くても10時、日付を超えることもあって、平日はほとんど自宅で食事をしたことはありませんでした。睡眠時間も毎日5時間半ほど。朝も1分1秒でも寝たくて、時間ぎりぎりに起床していました。今は定時に必ず帰れる。本当にありがたいです。夫が帰ってくるまでに食事の用意もできるようになり、毎日一緒に夕食を取れるようになりました。
また、入社してから日曜日にフィギアスケートを習いに行くようになりました。前職では休日は身体を休めるために、寝てばかりであまり出かけることもなかったのですが、日曜日には定期的に何かをしようと思えるくらいに余裕ができましたね。

今年の夏はミュージックフェスを思い切り楽しんできました。

私は夜間休日チームなので13:00~22:00の勤務時間です。残業がほとんどないので、とても予定が組みやすく、休日はシフト制ですが、チームみんなが仲が良いいので、休みの希望が重なったらお互いに譲り合っています。
きちんと予定が立てられるので、平日にはお気に入りのアーティストのライブによく出かけます。連休も取ることができて、この夏休みはミュージックフェスの3日間を思い切り楽しんできました。

メディカルコミュニケーター 加藤 翔太
メディカルコミュニケーター 竹内 千晶
池袋西口はレストランやバーが充実しているから夕食が楽しい。

チームは女性が多くて、職場は明るくて賑やかです。みんなすごく仲が良く、プライベートな話もしますし、仕事中は誰かがちょっと困っているとすぐにヘルプ出し合います。残業も30分以上残ることはほとんどなく、きちんと定時の18:00に退社するので、おしゃれなお店に買い物に行ったり、池袋西口はバーやレストランが充実しているので、メンバーでご飯を食べる機会も多いですね。
また、連続して休みが取れるので、週末にはダイビングによく出かけます。当社に入社してからライセンスを取得し、この夏は伊豆によく行きました。来月には与論島に行く予定です。